岐阜ブラスオルケスター紹介


“岐阜ブラスオルケスター”って??

岐阜ブラスオルケスター(通称:ブラオケ)は2001年4月に結成されたアマチュア吹奏楽団です。初年度の主な活動は、吹奏楽コンクールへの参加(東海大会銀賞受賞)、第1回定期演奏会の開催などでした。
2年目には、新たに夏のコンサートとして「Summer Breeze」を開催。冬には第2回の定期演奏会を行いました。吹奏楽コンクールでは岐阜県大会で県知事賞、東海大会で銀賞を受賞しています。
3年目にはアンサンブルコンテストにて、金管8重奏が東海代表となり、全国大会に出場しています。
吹奏楽コンクールでは11年連続東海大会出場と現在記録を更新しています!

平成25年4月現在の団員数はおよそ46名。上は40歳から下は18歳までで平均年齢は約26歳。岐阜県内に住んでいる団員が多いですが中には三重、愛知、から通ってくるメンバーもいます。仕事や学業の合間を縫って、みんなで楽しく、かつ真剣に音楽を追求しています。



団長

団長         渡辺優人


音楽スタッフ

音楽監督      小林卓司


メンバー紹介

(2013年4月現在)

クラリネット(6名)
フルート(7名)
オーボエ(2名)
サキソフォン(6名)
トランペット(6名)
ホルン(3名)
トロンボーン(6名)
ユーフォニウム(2名)
チューバ(4名)
パーカッション(3名)
ストリングベース(1名)
計46名



Copyright [C] 2002 Gifu Blas Orchester. All Rights Reserved.